音楽の必要性

音楽業界はいろいろな意味で厳しいです。

不況や災害など、大きなネガティブイベントが起こると、まず最初になくなるのが、

私たちのような音楽サービス事業です。

 

しかし、音楽は人間にとって絶対に欠かすことのできないものであるのは、

間違いのないことです。

事実、ネガティブイベントが起こり、ライフラインの復旧や衣食住など

ある程度落ち着いてくると、

次は心の療養で、音楽がとても必要とされてきます。

 

体の怪我は、手当や手術などで治すことができます。

それでは、心の傷はどのように治せばよいのか。

それは、心に直接触れるものでなければ治せません。

それこそが音楽であったり、心理療法であったりします。

つまり、音楽は心を”治療”するほどの、大きな力をもっているのです。

我々は普段、意識しませんが、それほど影響力があるのです。

 

また、音楽は「食べる」「寝る」などと同等なほど、

人間の活動に組み込まれています。

 

諸説ありますが、音楽は進化の過程で築かれてきたものとされています。

動物が求愛行動のため、美しい声で鳴いたりと、

より「音楽性」が優れたものが子孫を残すことができました。

それが脈々と受け継がれ、今、人類の遺伝子に組み込まれているのです。

 

つまり、クモが誰からも教わらず糸を出し、巣を作ることができるように、

人間の遺伝子には、音楽を求めるようになっているのです。

大げさに言えば、音楽は遺伝子の記憶に直接働きかけることができるのです。

 

人間に、生活に音楽は必要か?

そんな質問はナンセンスなのです。

食べるのと同じくらい、音楽は大切なのです。

 

その音楽をもっと、大事に我々は残し、伝え、

発展させていかねばならないと思うのです。

ブログを移転しました。

いつもアメブロをご覧頂いておりました皆さま、

と言っても、更新頻度が低くよく心配頂きましたが・・・

この度、ホームページをリニューアルするにあたり、

こちらに移転することにいたしました!

できる限り更新して参りたいと思いますので、

たまにのぞいて頂けると幸いでございます。

また、トップページの「いいね!」もして頂けると、

有難く存じます。

何卒、今後ともよろしくお願い申し上げます。