株式会社カデンツァ|ホテル・レストラン・ラウンジ、パーティ・イベント演奏

ホテル・レストランBGM演奏、パーティ・イベント演奏、業界最安値で一流演奏者を派遣いたします

TEL.03-6780-7577

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-32-22-702

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 9~

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 9~

今年はエルニーニョの影響で
冷夏と森さんが言っていたではないか!

これが冷夏なのか??

これで冷夏ならば、平年並みの夏で生き残る術を
僕は知らない・・・

さて、前回に引き続き、もう少しリズムについて触れたいと思います。

その間、ブルース・スケールの練習は進んでおりますでしょうか?

フィンガリングは自由で結構です。
自分がやりやすいようにやってください。

自分がやりにくいものは、アドリブで演奏する時に、出てきませんので。

ある程度、アドリブができるようになり、より引き出しを増やすために
今の自分にない音形などを、モノになるまで徹底的に弾き込むことはありますが、
まずは、ある程度になるまでは、やりやすいようにやることが大事です。

もちろん、ポルタメントやグリッサンドを入れるために、
ここはこの指使いが良い、というのはありますが、
このブログでそこまで触れることはできませんので・・・

ちなみに、開放弦を使えるところは、なるべく使うことをお勧めいたします。
もちろん、例外はありますが、それを言ったらキリがないので。。

で、今回は「フェイク」について触れたいと思います。

音や楽譜を貼り付けられないため、説明が困難なので
今回も触れる程度にします。。

前回、ジャズはスウィングすることが大事と書きました。

それと同様に、フェイクすることも、同じくらい大切です。

クラシックでは、書かれた楽譜の通りのリズムで弾きますが、
ジャズ系では、書かれた通りに弾くことは、まずありません。

フェイクとは、テーマで、書かれたものを、伸ばしたり短くしたり、
拍をずらしたり、シンコペーションにしたりと、
いうなれば、演歌歌手の方がよくやる「こぶし」を付けることです。

ルバートとは、違います。
ルバートは、拍の長さ、小節の長さも、感情のまま伸ばしたりしますが、
フェイクは、あくまでバックの方たちは、元のリズムを刻んでいます。
そのリズムに乗りながら、テーマの音を自由に長くしたり、短くしたりします。

フェイクに関しましては、楽器の特性はほとんど関係ないので、
バイオリンでなくても、他の楽器の方で、うまいフェイクをしている方がいましたら、
どんどんマネをしましょう。

マネをしていくうちに、自分なりのフェイクの仕方が見えてくると思います。
マネをするほど、よい勉強はありません。

習うより慣れろ!教わるより盗め!

と昔から、職人の方が言いますが、その通りだと思います。

たとえ、同じ答えだとしても、
自分で考えたどり着いた答えと、ただ人から答えを教わったものでは、
その後の意味、重みが全く違ってきます。

考え、経験し、自分なりの答えを出すことが大切なのです。

と、リズムのことは、文章だけだと、なかなか伝えづらいので、
精神論を書いて、話題をそらしました・・・

でも、本当にその通りだと思いますので。。

さて、次回あたりから、またアドリブの音使いに戻ろうかな、、
と考えないでもないと思っております。。

気温次第かな・・・

だったとさ・・・

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です