株式会社カデンツァ|ホテル・レストラン・ラウンジ、パーティ・イベント演奏

ホテル・レストランBGM演奏、パーティ・イベント演奏、業界最安値で一流演奏者を派遣いたします

TEL.03-6780-7577

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-32-22-702

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 5~

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 5~

もはやブログ更新の鬼ですね。
この書き出しが意味わからないくらいです。

で、だいたい慣れてきた頃に足元をすくわれる。。

さっと・・・

小内刈り的な。

体落とし的な。

一本。

・・・しつこいですね。。

さて、今回は「アドリブの考え方」について書こうかと思います。

ジャズ・ミュージシャンがアドリブ演奏する時、どう考えているか。
だいぶ核心に迫ってきた内容です。

よく、まだアドリブ演奏したことがない人がレッスンに行って、
「とりあえず、まず適当に弾いてみようか」
などと言われることが、往々にしてあります。

ムリです!!

ほんとムリです!

ってゆーか、勘弁してください!

今までクラシックで、楽譜通りに弾いてきて、一音たりとも間違えてはいけない、
そういう教育を受けてきた人に、
いきなり、適当に弾いてみてなんて言って、できるわけがありません。
それでできたら苦労しません。。

では、アドリブ演奏する時、何を考えればよいのか。
どうすれば、アドリブが取れるのか。

多くの未経験の方が、アドリブは演奏してる時に、音が頭に降ってくる・・・
それを演奏する。。
そう思われているようです。

・・・そんなわけない。

いや、正確には、そういう時も、もちろんあります。
弾いてて、「やばい。今日、メロディが降ってくる・・・」って時も
まれに、あります。

基本的には降ってきません。
それだと、降ってこないと演奏できないことになってしまいます。

では、どうやってアドリブを取るのか。

アドリブ演奏は、「言語」と同じです。
言葉を話す時、どう話すか。
もちろんおわかりですね。
単語と単語を助詞でつなぎ、形容詞・副詞で感情、情景等々を豊かに表現する。

これと全く同じなのです。

ジャズで、この単語のことを「リック」といいます。
リックは、短いもの(1拍程度)から長いもの(1、2小節くらい)まで様々です。

このリックをつなぎ合わせて、「文章」を作るのです。
これが、アドリブ演奏の基本的な考え方です。

言葉もそうですが、語彙が豊富なほど、
豊かな表現ができます。

アドリブも同じです。
リックが豊富であればあるほど、様々な表現ができます。

では、リックはどう考え出すのか。

実は、これが大きな問題なのです。

誰かが弾いたフレーズ(リック)を、
「おっ、かっこいい。いただき!」という感じで
盗むのが、最初の常套手段ですが、
ジャズ・バイオリンの場合、ここで大きな問題が出てきます。

そもそも、ジャズ・バイオリニストが圧倒的に少ない!
つまり、参考になる資料・音源が、なかなかないのです。

サックスやピアノ等は、多くの参考になる方や参考書がありますから、
その方たちのリックを頂けば良いです。

では、バイオリンもサックスとかのリックを頂けば?
・・・・とはいかないのです。

楽器の特性というものがあり、
サックスでカッコいいからといって、
それをバイオリンで弾いてもカッコいいとは、全く限りません。

ピアノでカッコいいリックが、
そもそもバイオリンでは技術的に無理なことも多々あります。

だから、レッスンは同じ楽器の人に習わないと、ほぼ意味がないのです。

バイオリンの人が、ピアノの人にレッスンを受けても、
特にやり始めは、全くといっていいほど意味がなく、
そして、、挫折します。

・・・また長くなってしまった。。。
次回は、リックの考え方・作り方について書こうかと思います。

たぶん。

めでたしめでたし。

・・・この締めは、意味不明だからやめよう。。

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です