株式会社カデンツァ|ホテル・レストラン・ラウンジ、パーティ・イベント演奏

ホテル・レストランBGM演奏、パーティ・イベント演奏、業界最安値で一流演奏者を派遣いたします

TEL.03-6780-7577

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-32-22-702

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 4~

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 4~

ブログ更新が続かない僕が、
ここまで続くとは・・・

世の中捨てたもんじゃないですね。。

・・・

さて、今回は「ジャズの決まり事」について書きたいと思います。

ジャズは自由な音楽と言ってきましたが、
最低限の決まり事、ルールはあります。

そして、それを理解していないと、弾くのも聞くのも楽しくない。
というか、何をやっているんだ?こいつらは?となってしまいます。

実際、僕自身、ジャズを始めるまでそうでした。
ルールがわかっていないため、「ジャズ、、意味わからん・・・」と思っていたのです。

スポーツもそうですが、ルールがわかっていないと、見ていても楽しくないですよね。
例えばサッカーで、オフサイドがわかってないと、
えっ?なんで笛鳴った??意味わかんねーし・・・
って感じです。

ジャズも同じで、ルールを理解してるか否かで、楽しさが全然違います。
細かく言えば、いくつかあるのですが、
大まかには、ジャズのルールは1つです。

それは、「テーマ → アドリブ → テーマ」で弾く。

これにつきます!

「テーマ」は歌ものでいうところの、歌があるところですね。
Aメロからサビまで、をテーマと呼んでいます。
(だいぶ大ざっぱな説明ですが・・・)

次に、テーマを弾いた後に、アドリブ(即興)で演奏します。
基本的には、テーマのコード進行や尺(長さ)でアドリブ演奏します。
もちろん変える場合もありますが、それはおいおい。。

そして、ジャズはアドリブが一番面白いところです。
アドリブというのですから、その場で考え、その場で即興で演奏します。
ですので、同じ演奏は2度とできません。
正直、弾き終わった後、どう弾いたのか、覚えていません。
(もちろん、なんとなくは覚えてますが、細部までは確実に覚えていません)

ジャズにおいて、テーマをどうアレンジするかも面白いところですが、
やはりアドリブが見せ場であり、醍醐味です。

逆に言えば、聞く側からすると、テーマを知らないと
どこがテーマで、どこがアドリブなのか、さっぱりわからないということになります。

僕も知らない曲を聞くと、「たぶん今アドリブ、なのかな?きっとそうだろう・・・」
という感じで、純粋に楽しんで聞くことができません。

ジャズを楽しむには、テーマを知っているというのが、大前提となります。
(もちろん慣れれば、テーマを知らないでも楽しむポイントはいくつもあるのですが・・・)

ですので、ホテルなどのラウンジで、普段ジャズを
あまり聞かない方が多く集まるところで演奏する場合、
皆さんがよくご存じの曲(テーマを知っている曲)を弾くことが大事になるのです。

マニアックな、誰も知らない曲を弾いても、聞く側は楽しくないのです。
(雰囲気が合っていれば、数曲なら良いですが・・・)

よく、勘違いされてる演奏者で、
この曲すごい良いから聞いてくれ、みたいな感じで、マニアックな場違いなのを弾く方がいますが、
それは、ご自分のライブでやってください、という感じです。

ラウンジ演奏は、演奏者の感性や曲を提案する場ではないのです。

おっと、まただいぶ長くなってしまった・・・
今回はこの辺で。

だったとさ。

・・・だったとさ、はいまいちかな・・・

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です