株式会社カデンツァ|ホテル・レストラン・ラウンジ、パーティ・イベント演奏

ホテル・レストランBGM演奏、パーティ・イベント演奏、業界最安値で一流演奏者を派遣いたします

TEL.03-6780-7577

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-32-22-702

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 2~

目指せ!ジャズ・バイオリン・デビュー~Road to Jazz violinist 2~

順調に更新しております。。。

まだ2回目ですが、もう自分を褒めてあげたい。。

 

さて、バイオリニストがホテル・デビューするにあたり、

今回のテーマは「なぜジャズなのか?」です。

クラシック演奏家の方は、このような疑問を持たれる方が多いのではないでしょうか。

もちろんこれには理由があります。

大きくわけて、3つです。(本当はもっといろいろ書きたいのですが・・・)

 

【1】オシャレな雰囲気

ホテル等のラウンジで演奏する場合、多くがBGMであり、

お食事やお酒・会話のサポート(空気作り)をするのが、大事な仕事です。

その際、クラシックのように堅い雰囲気でなく、

ジャズのようなオシャレな、大人の空間を求められます。

これに関して、クラシックの方は言いたいことがあると思いますが、

僕も言いたいことがたくさんありますので、お互い様ということで。。

 

【2】場に合わせた曲、アレンジ

ラウンジ演奏は生き物です。

日によって、当然お客様も違い、雰囲気も変わってきます。

それを見極め、ふさわしい演奏をするのが、ラウンジプレーヤーの醍醐味であり、一番難しいところです。

そこでジャズです。

ジャズは、クラシックと違い、ものすごく柔軟な音楽です。

同じ曲でも、バラードにしたり、4ビートにしたり、サンバにしたりと、

場に合わせて、アレンジを自由に変えられます。

これが最大の利点です。

 

【3】ステージ数、時間

ラウンジ演奏はたいてい、30分×3ステージ、30分×4ステージとなります。

そして当然、その日、同じ曲を弾いてはいけません。

そうなった場合、クラシック系ですと、だいたい1曲3分が平均ですので、

30分1ステージで10曲、4ステージだと約40曲になります。

ジャズ系ですと40曲はたいして多くはありませんが、

クラシックのように、1音も間違わずに、と40曲はなかなか骨が折れます。

また、それが週3日、4日となった場合、毎日同じセットリストでやるわけにはいきません。

そう考えると、楽譜通りの演奏では困難極まるのは一目瞭然です。

その点、ジャズは必ずアドリブを取りますので、1曲平均6分です。

30分1ステージで5曲、4ステージだと約20曲です。

全然多くありません。

しかも、音をその場で変えてよいので、間違いというものがありません。

そして、たいていジャズ系のミュージシャンは数百曲のレパートリーを持っています。

長丁場をやるのに、最適というわけです。

 

以上のように、雰囲気から時間、曲数という観点でも、ジャズが有効というわけです。

少しでも、ラウンジになぜジャズか?をご理解頂ければ幸いです。

 

次回から、ジャズ・バイオリンの技術的なことに踏み込んでいきたいと思います。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です