株式会社カデンツァ|ホテル・レストラン・ラウンジ、パーティ・イベント演奏

ホテル・レストランBGM演奏、パーティ・イベント演奏、業界最安値で一流演奏者を派遣いたします

TEL.03-6780-7577

〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-32-22-702

人間の聴覚の不思議

人間の聴覚の不思議

私は音楽をやっていて、

どうしても不思議なことがあります。

 

人間の8番目の不思議といっても過言ではないのかと・・・

 

音楽には、メジャーコード、マイナーコードというものがあります。

たとえば、Cメジャーコードは、ド・ミ・ソで構成される和音です。

Cm(Cマイナーコード)は、ド・ミフラット・ソで構成される和音です。

 

ここで、よ~く考えるとすごく不思議なことがあります。

 

誰が聞いても、メジャーコードは明るい響き、

マイナーコードは悲しい響きに聞こえるのです。

 

誰が聞いてもです。

これは、本当におかしいことなのです。

世の中に「必ず」ということは存在しません。

それが、誰が聞いても必ず、そう聞こえる、

これはとんでもないことなのです。

 

よく、メジャーコードは根音から長三度、短三度の構成なので

明るい響きとなるコードです、

といったコードの説明(?)がありますが、

これは全くのナンセンスで、順番が逆です。

 

この構成の和音が明るいから、メジャーコードと名付けられたのです。

科学でもそうですが、

まず現象があり、そのあとに仮説が立てられ、立証され、

理論が後付けされます。

これも全く同じことです。

ただ、なぜ、誰が聞いても

ド・ミ・ソが明るく、

これからミを半音下げたミフラットにした和音が悲しいのか、

解明されていません。

 

前回からの続きで、遺伝子の記憶に刷り込まれているのかもしれません。

人間は本当に不思議です。

わからないことだらけです。

そして、音楽もわからないことだらけです。

 

だから、人間も音楽も面白い。

 

次回は、生演奏とCDの違いを書きたいと思います。

 

それでは、皆さま良い週末を。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です